オリビアを聴きながら

ねぇ、聞いてもいいですか?

年齢差のある恋について・・・

しかも、相手が自分よりも、うんと歳下の男性だったら・・・

あなたはどう思いますか?

 

私は故郷で夢だった小さなアトリエを開いてるアラフォーです。

美大生時代に卒業旅行で訪れたドイツで、やわらかな色彩のステンドグラスにすっかり魅了されて、異国の地で長い月日を修行してきました。

今では、有難いことに、制作のオーダーも少しずつ入るようになり、レッスン教室に参加してくれる生徒さんも増えてきました。

私のアトリエに足を運んでくださる生徒層は、「人生の余暇に」とご年配の方が多いです。

f:id:black-orchid:20211013111414j:plain



そんなある日、まだ少しネクタイ姿が初々しい感じのサラリーマンが一人、入会したいと現れました。

ジャスミンティーを飲みながら彼の話に耳を傾けると、学生時代に美大で学んでいたこと、その道を極めたかったけれども、自分の力量を感じ夢を諦め、就職したことなどを語ってくれました。

そして、電車の窓からふと外を眺めていると、あったかい光が灯る場所が見え、ひと駅前だけど降りてここまで歩いて来てしまったのだとか・・・

ぬくもりのある色とりどりのガラスを見ていると、学生時代が懐かしくなり扉をノックしたそうです。

私は、自分のアトリエがそうやって誰かの心を癒せる空間になれることを嬉しく感じ、彼を受け入れることにしました。

f:id:black-orchid:20211013111513j:plain



それから数ヶ月が経ち、さすが美大に通っていたというだけあって、「一を聞いて十を知る」彼の吸収力、そして繊細なタッチに独創的な色使いと、本当に見る者の心を惹きつける作品を一つまた一つ、彼は仕上げていきました。

 

ある時、保育園からのオーダーの制作に悩んでいた私は、彼に意見を求めることにしたのですが、デザインや色彩案にとどまらず、気づけば二人でガラス工房へと車を走らせていました。

夜な夜なアトリエで彼と共に、子ども達が大好きな童話の世界の住人たちに命を吹き込む日々。そして、私達はこの作品を通して、お互い、惹かれ合っていったのでした。

 

彼との作業は阿吽の呼吸でしたし、独りの時間が長すぎた私にとって、とても居心地のよい空間でした。

けれども、彼はサラリーマンとして日中働き、仕事帰りにここへ駆けつけてくれていたのですから、当然疲れも溜まってきていたと思います。

時折ランプのほのかな光により、疲れた表情が浮き彫りになるのを見ると、彼の優しさに甘えていることに対し、日増しに私の中で罪悪感が膨らんでいきました。

それでも、彼の来訪を待ち望んていた私は、心の中でこう呟くのでした。

 

この作品が出来上がったら、彼を解放します・・・

それまで、神様、もう少しだけ、お許しください・・・

f:id:black-orchid:20211013112146j:plain



あれから一年という時を経て、ようやく完成した作品を眺めながら、彼は私に問いかけました。

「ねぇ、一番好きな童話は何?」

 

私はそっと「人魚姫」と答えました。

 

数多あるプリンセスの中で、愛する人のために身を引き、最後は泡となって消えてしまう彼女の姿に、私はいつしか自分の未来を重ねていたのです。

f:id:black-orchid:20211013111745j:plain

彼の想いを知っていながら、私が一方的に辿り着いた結論は、間違っているのかもしれない・・・

そんなふうに心揺れることもあります。

 

ですが、お披露目式の後、私は彼にこう伝えるつもりです。

 

「あなたは、私のアトリエに来て、作品たちに癒されたの。

 あなたは作品を通して、私に惹かれただけ。

 きっと幻を愛したのよ・・・」

 

オリビアを聴きながら

歌手:杏里

作詞:尾崎亜美

作曲:尾崎亜美

あなただけ見つめてる

恋が人を狂わせる?

そんなこと、あるわけないじゃん!

男の色に染まるなんて、自分じゃなくなるってことでしょ!?

今、21世紀!男女平等なんだから、そんな夢見る夢子みたいなこと言わないの~!!

 

いつもの気の合う仲間たちとの女子会。

ハイボール片手に馬鹿笑いするのが最高に楽しかった。

 

彼と出会うまでは・・・

 

 

三十路に差し掛かろうとしてる私。

職場でも、もう慣れた業務に代わり映えのない人間関係だから、楽っちゃ楽なんだけど、刺激がない日々を送っていた。

 

そんなある日、関連会社への出向を命じられた。

出向いた先は、就業形態ももちろん違うし、何と言ってもそれまで誰にも遠慮せずお気楽にやってきていた私にとっては、その日から息が詰まる日々となった。

しかも、最悪なことに業務終了時間の関係で、いつもの女子会には顔を出せる機会がパタリとなくなり、ストレス発散することもできない。

 

2週間耐えたけど、さすがに誰もいないオフィスで、思わず机に突っ伏しながら呟いた。

あぁ、神よ・・・

何故、この歳になって、試練を与え給うのか・・・

f:id:kinako_sensei:20210823005424j:plain

 

すると、「大丈夫?」と頭上から柔らかい声。

ふと見上げると、スーツ姿の男性が立っていた。

誰もいないと思っていた私は、漫画のようなセリフを聞かれたかと思うと恥ずかしくて、赤面してしまった。

 

「出向に来てくださってる方ですよね。バタバタしてて歓迎会もまだでしたよね。失礼しました。どうですか?今からちょっと食べに行きませんか?」

 

もう長らく男性と食事になんて行ってなかったから、普段の私だったら、きっと断っていたと思う。

でも、その日は、メンタル的に限界だったのか、誘われるまま食事へ。

 

彼は肩ひじを張らなくてもいいお店をチョイスしてくれ、たわいもない会話で私の心をほぐしてくれた。

その優しさが、本当に嬉しくて・・・

それからというもの、仕事終わりに二人で食事をする機会も増え、自分が穏やかにいられる人にようやく私も出会うことができたように感じた。

そして、膨らみ続ける彼への想い。

 

あぁ、この恋、大切に温めたい・・・

だから、私、あなたに寄り添っていく・・・

f:id:kinako_sensei:20210823014614j:plain

あなたが求めるなら、私は全てを捨てられる。

あなたが望む私になれるよう、変わっていくね。

ただあなただけ見つめて、生きていくわ。

 

 

一年後。

招待状を出した女子会仲間達との久々の再会。

 

「へぇ!すっかり貞淑な奥様じゃん!」

「ほんと!一番結婚に遠い人が、一番早くお嫁に行っちゃうなんて!」

「マジで感じ変わったよね~」

 

そんな中、一番の親友が、ウェディングドレス姿の私の耳元で、最後にこう囁いた。

「ねぇ、あんた、本当に幸せ??」

f:id:kinako_sensei:20210823020235j:plain

あなただけ見つめてる

歌手:大黒摩季

作詞:大黒摩季

作曲:大黒摩季

編曲:葉山たけし

なごり雪

僕には2つ下の幼馴染がいた。

勉強もスポーツもでき、その上、気立てが良かったので、たくさんの人達から愛されていた。

彼女が微笑むと、まるで爽やかな風が通り抜けたかのように、周囲は一瞬でやわらかな雰囲気に包まれたものだ。

そんな彼女にも、一つだけ足りないものがあった。

生まれつき聴力がなかったのだ。

 

小学生の頃、隣に住む彼女の母親から「何かあったら助けてやってね」とお願いされていたこともあって、僕はいつも彼女の傍にいた。

f:id:black-orchid:20210919091517j:plain



中学生になると、近所の子どもだけが通う小学校とは違い、色んな地区から生徒が学校に集うようになる。

中には物珍しいのか、彼女をからかう奴もいた。

 

あの屈託のない笑顔しか見せたことのない彼女が、大きな目からポロポロと涙をこぼしているのを初めて見た時、頭に血がのぼって、いじめた奴らをこてんぱんにしてやった。

その日から、頼まれたからではなく、何があっても自分が彼女を守っていくんだという強い気持ちが僕の中に芽生えた。

今にして思えば、それは、彼女を「幼馴染」から一人の「女性」として意識した瞬間だったのかもしれない・・・

 

高校生になってからも、僕たちはいつも一緒だった。

そうあることが当たり前だと思っていた。

だから、高校3年生になり、大学への進学か就職かを担任から問われた時、僕は迷わず県内での就職を希望した。

 

工業高校出身の僕は、採用された町工場で技術屋としての腕を磨くべく、毎日仕事に励んだ。

そして、車の免許を取ってからは、彼女との過ごす時間が少しでも欲しくて、送り迎えをした。冬の寒い日なんかは、おんぼろの中古車は暖房がきなかくて、ホットコーヒーを二人ですすったのも懐かしい思い出だ。

f:id:black-orchid:20210919091349j:plain

 

そして、彼女が高校3年生になった時、今まで一緒にいることが当たり前だった二人の関係に突然終わりがやってきた。

誰もが地元で就職をするものと思っていたが、彼女は都会の大学への進学を決めていたのだ。

彼女の母親からは「あの子に一人暮らしなんて無理よ。お願い・・・説得してみてくれない?」と涙ながらに頼まれた。

 

だけど、あの時の僕は頼まれたからではなく、僕自身が彼女を引き留めたい一心で、つい熱くなってこう言ってしまった。

「君は全然わかっていない!都会がどんな所かを。普通の人が一人で暮らすのも大変なのに、君のような難聴者には到底無理だ!!」

すると、いつもは穏やかな彼女が、紙に何かをなぐり書きする。

『私はいつも守られて生きてきた。でも、一度鳥カゴから羽ばたいてみたいの!自分の力で歩んでみたいの!!』

そう書かれた紙を両手で僕に突き出して、目に涙をいっぱい溜めて訴えた。

それを見た僕は、「勝手にすればいい」と冷たい一言を残して、彼女の元を去った。

 

それから数ヶ月が経ち、彼女が東京へ出発する日。

このまま別れてしまうことがどうしても出来なかった僕は、急いで駅へと向かった。

電車に乗り込む彼女の姿を見かけて、階段を駆け下りた。

僕の姿に気づいた彼女は、動き出す電車の窓から必死に何かを伝えようとする。

君の唇は「サヨナラ」ではなく、「ありがとう」と叫んでいた。

f:id:black-orchid:20210919094504j:plain

そうして、大人になった君は僕の元を巣立っていった・・・

 

なごり雪

歌手:イルカ

(本来は「かぐや姫」の楽曲で、イルカはカバーしている)

作詞:伊勢正三

作曲:伊勢正三

編曲:松任谷正隆

※ 多くのアーティストによって、カバーされた名曲である

I Say a Little Prayer(小さな願い)

辺りは暗闇に包まれ、静寂が広がっている。

そんな中、私はあなたを起こさないよう、そっとベッドから起き上がった。

 

昨日、私、お化粧をしていない素顔をあなたにもう見せないと心に決めたの。

そして、今日からは、あなたが喜びそうな服を選んで、袖を通すようにしようって。

付き合う前の頃のように、メイクするのもなんだか楽しく感じる私が鏡の前にいる。

f:id:black-orchid:20210928151305j:plain

あなたが私へのトキメキを失いませんように・・・

これからも、二人一緒に幸せに歩んでいけますように・・・

そう願いを込めて、私はチェリーカラーのルージュをひく。

 

 

あなたと子ども達を見送った後、私もパート先へと向かう。

バスに揺られている間も、仕事の合間のコーヒータイムも、

あなたが今日一日集中して仕事に励めるよう、私は小さな願いを送る。

あなた無しの人生なんて、考えられない・・・

ずっとあなたの傍で、あなたを支えられますように・・・

 

 

あら?あなた、そろそろランチタイムかしら。

どう?手作りのお弁当??

あなたを想って、頑張って作ったのよ。

f:id:black-orchid:20210928150639j:plain

 

最初お弁当のことを提案した時、「朝早くから大変だろうし、いいよ。」なんて、あなたは私のことを気遣って、そう言ってくれた。

だけど、私は「大丈夫よ!1つくらい増えたって!外食ばかりじゃ栄養バランスも悪いわ。それに、その方が、家計にとってもいいしね。」って笑顔で答えた。

 

 

こうやって、あなたのことを想ってる人がいることを伝えたいの。

あなたと人生を歩む人は、もう既にいることに気づいてほしいの。

あなた無しでは生きてゆけない人がいることをわかってほしいの。

f:id:black-orchid:20210928152024j:plain

私の愛妻弁当を食べるあなたの姿を『あの子』に見せてあげてね。

私達夫婦は、この先も、ずっと、離れることなんてあり得ないのだから・・・

 

I Say a Little Prayer(小さな願い)

歌手:Dionne Warwick

作詞:Hal David

作曲:Burt Freeman Bacharach

※ 国内外で多くの歌手たちによりカバーされている。

  日本では、ドラマ『大奥』の主題歌として使われた。

Eyes to me

「ねぇ、二人って、そろそろ付き合って3年目でしょ?」

「それくらいが一般的に倦怠期なんだって!ねぇ、飽きてこない?」

興味津々に仲間たちが、私に尋ねる。

みんな、私の恋の応援団。

今のこの恋が成就したのも、ずっと支えてくれた仲間たちのお陰。

f:id:kinako_sensei:20210823114627j:plain

 

彼との出会いは、大学のバスケの試合を観に行った時だった。

相手チームの何人もの守備が彼の前に立ちはだかっていたけれど、一瞬の隙をついて電光石火のごとく、ゴール下へと切り込んでいった姿に、私は心を奪われた。

 

そんな彼が同じ講座に姿を見せた時、初めて同じ学部だったと知り、胸の高鳴りが周囲に聞こえるんじゃないかってくらいドキドキしたのを覚えている。

 

積極的な友人の一人が彼のグループに声をかけ、次第にお茶したり、みんなで試験勉強したりするまでになっていった。

 

でも、どんな時も彼の目の前には座ることはできなくて・・・

いつも私は席を1つ開けて座ってた。歩く時も一歩後ろをついていく。

だってね、彼と同じ空間にいられるだけで、そっと眺められるだけで、私は幸せだったの。

f:id:kinako_sensei:20210823120004j:plain

私の気持ちに気づいていた友人達にとって、そんな私の姿は、とてももどかしく映っていたみたい。

「彼の目に映らなきゃ意味ないじゃん!」と、髪型、淡いネイル、そして、女の子らしい洋服をプロデュースしてくれ、少しだけみんなの手で、私、変身させてもらったの。

鏡に映った姿を初めて見た時、私なんだけど、私じゃないみたいだった。

恋って女の子を綺麗にする魔法みたいに感じて、それからは毎日が楽しくて、自然と笑顔が増えていった。

 

 

暫くして、後期試験が近づき、図書館へ足を運ぶことが多くなっていた私。

いつもの指定席に着き、黙々と取り組み始めた。

どれくらい経ったかな。

窓から見える構内の灯りがともったのに気づいた私は、帰りの支度をしようと、ふと横を見ると・・・

 

うそ!?

彼が隣りに座ってる!!

f:id:kinako_sensei:20210823120802j:plain

そして、私の視線に気づくと、ニコッといつもの笑顔でこう言ってくれたの。

「凄い集中力だね。遅いし、駅まで送ってくよ。」

 

いつも斜め後ろからしか見たことのない彼の顔。

爽やかな微笑みは、今、私にだけ向けられている・・・

 

その時の自分がどんな顔をしていたのか、彼とどんな話をして帰ったのか、情けないんだけど覚えていなくて。

だって、頭の中はずっと彼の声も自分の声もエコーがかかったみたいにこだましていて、フワフワした歩行感覚だったんですもの。

 

その日から、どんな時も私の傍には、彼がそっと座ってくれるようになった。

彼のはにかんだ笑顔。

目を合わせる度に、私の鼓動は速くなる。

胸の辺りがキュンとするけれど、でも、ずっと、ずっと、見ていたい!

f:id:kinako_sensei:20210823121549j:plain

 

「あぁ!私、世界一幸せな女子ね!

 だって、ずーっと好きだった彼と付き合うことになったんだもの!

 みんなのお陰!ほんと、有難う!!」

恋の応援団に嬉しい報告をしたあの日を私は忘れない。

 

不思議なんだけど、あれから3年も経ったのに、あの頃から全くって言っていいほど、彼へのトキメキは変わってないの。

彼が私に向けてくれる、はにかんだ笑顔がたまらなく好き!

いつだって彼の瞳に映る私、凄く幸せそうに笑ってるんだから!!

 

Eyes to me

歌手:DREAMS COME TRUE

作詞:吉田美和

作曲:中村正人

リフレインが叫んでる

あの日、夕陽に染められた茜色の空の下、私は突然、彼に別れを告げられた。

f:id:black-orchid:20210924070544j:plain

結婚の話まで出ていて、このまま二人で幸せになると思っていた私にとって、余りの衝撃で言葉がなかなか出てこない・・・

 

「別れよう」って、どういうこと?

私、あなたを幻滅させるようなこと、何かした?

一体、何が原因なの??

とにかく、この沈黙を破らないと・・・

 

「ちょっと待って!いきなりどうして?私、何かした??酷いよ!理由を聞かせて!」

 

でも、返ってきた言葉は、「君とは人生を一緒に歩めない。ただそれだけだ。」

今まで見たこともないような冷ややかな彼の瞳。

それを見た時、私は彼の気持ちを変えることはもう出来ないと悟った。

 

 

あの日から、私は夕暮れが大嫌いになり、ネオンが冴える時間まで働く日々を送るようになった。

理性がある状態で、暗い部屋に帰るのは辛かった。孤独や虚無感に耐えられるほど、私の心は回復していなかったからだ。

それで、毎夜、ふらりとどこかのBarへと足を運ぶ日々が続いた。

f:id:black-orchid:20210924140116j:plain

今日も独り、ウィスキーをロックで注文する。

最初の頃は、とにかく酔えるからという理由で頼んでいたけど、今ではスモーキーな香りに心がホッと落ち着くまでになった。

少し身体が火照ってきた頃、聞き覚えのある声が・・・

 

振り返ると、そこには彼の幼馴染がいた。

もしかして、あの人も・・・

急に鼓動が速くなる。

その場から逃げるように店を立ち去った私を追いかけてきたのは、あの人ではなかった。

 

「待ってくれ!君にどうしても伝えないといけないことがあるんだ!あいつがどうして君と別れたのかを・・・」

 

私の足が止まる。

それは、私が一番知りたかったこと。ずっと抜けない心の棘。

 

「あいつは、心から君のことを愛していた。本気で結婚するつもりだったんだ。だけど、スキルス性の癌だとわかり、あいつは見ていられないほど悩んでいた。あいつ、言ってたよ・・・『神様はどうして僕達を出逢わせたんだろうな』って。残された時間を君と過ごすことも考えていた。でも、そうすれば、君に永遠の辛い別れを味わわせてしまう。それで、あいつ、あんな別れ方をしたんだ。」

 

f:id:black-orchid:20210924142049j:plain

あぁ、私、何も知らなかった。

彼がそんなに苦しんでいたなんて・・・

いつも傍にいたのに、愛していたのに、どうして気づけなかったんだろう。

 

あぁ、どうして、私、彼のもとを離れてしまったんだろう。

痛みと死への恐怖の中に、彼を独り置き去りにしてしまった・・・

二度と会えなくなるなら、最後まであなたに寄り添うべきだったのに・・・

 

リフレインが叫んでる

歌手:松任谷由実

作詞:松任谷由美

作曲:松任谷由美

 

※ 本作は多くの歌手によってカバーされたり、ライブなどで歌われている。

今回は、ライブでJUJUさんによって披露されたもの(儚い雰囲気)からインスピレーションを受けて創作している。

ありがとう

40年前の今日、私達は結婚した。

ねぇ、あなた、あの時のプロポーズの言葉を覚えてる?

f:id:black-orchid:20210921184622j:plain

「一生、君を愛するから」

 

 

結婚と同時に、あなたの転勤で見知らぬ土地へと移り住んだ私。

右も左もわからない異国だったけど、若さで、なんとか乗り越えてきた。

子ども2人にも恵まれ、毎日が慌しくて大変だったけど、今はとてもいい思い出よ。

 

時には、ぶつかったこともあったわよね。

でもそれは、家族みんなで「より良い未来」へ向かって歩むためだった。

独身時代のように一人で道を決めてきた頃とは違い、相談し合える人がいるって幸せなことよね。

f:id:black-orchid:20210921191042j:plain



あなたと選んだ道をひたすら信じて歩んできた40年。

世の中には、私達よりも、もっと苦楽を共にしてきたご夫婦がいるわ。

それに比べると、私達は平凡な道だったかもしれないわね。

 

新婚時代に毎日かけてくれていた「愛してる」の言葉は、当の昔に聞こえなくなったけど、子ども達が我が家を巣立っていった今、ふと思ったの。

 

「愛してる」の言葉よりも、些細なことでも「ありがとう」と伝え合える人が傍にいることに感謝しなきゃって・・・

 

でも、長年、子ども達の父親母親として歩んできた二人だから、その「ありがとう」さえ照れくさく感じる時があるわよね。

だけど、あの頃のように、今は家の中では私達二人だけ。

もしかしたら、ようやく「夫婦」としてのスタートラインに立ったのかもしれない。

 

 

健康のためにと、二人で始めた朝夕のウォーキング。

f:id:black-orchid:20210921181955j:plain

薄暗がりの中、私は彼の手をあの頃と同じように、そっと繋いでみた・・・

 

ありがとう

歌手:いきものがかり

作詞:水野良樹

作曲:水野良樹

 

※ 22日は『夫婦の日』だそうです。本作品を全てのご夫婦に捧げます。